• 印刷する

テイクオフ:転職することになったオ…

転職することになったオージーの知人が、新しい仕事始めに当たり「多様性調査」とやらに回答することになった。白人系オージーだけでなくさまざまな人種を雇用して多様性を高める、職場方針の一環だそう。

調査は「先住民系か、白人か」「2言語以上を話すか」などの人種に関連する内容や、性別を問うものだったという。結果、「白人で英語しか話さない男性」と区分けされた知人は少々肩身が狭い思いをしたそうで、「これで自分の雇用契約は白紙に戻るのだろうか」と苦笑いしていた。

オーストラリアには、男性が占める業種での女性割合の引き上げなど、数値目標で多様化を目指す機関もあるようだ。ただ、人種や性別にとらわれずに個人の能力に焦点を当てるのではなく、機械的にマイノリティーの割合を調整することは、果たして多様性を生むことになるのだろうか。(岩下)


関連国・地域: オーストラリア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

労使制度改革、FWCの審査期間を制限へ(16:51)

豪の10月建設認可3.8%増、20年来の高水準(16:51)

ア太平洋からの誘致増に活路 後発3カ国、RCEPで開放前進(12/01)

テイクオフ:日本でも子どものころか…(12/01)

豪経済、景気回復が軌道に 給与補助受給者210万人減(12/01)

対中紛争反撃開始、WTO提訴へ=豪政府(12/01)

〔政治スポットライト〕豪首相、豪軍の偽造写真で中国に謝罪要求(12/01)

世界初の水素マイクログリッド、WAで試験(12/01)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン