• 印刷する

印支援のシットウェ深海港、来年初め開港へ

ミャンマー西部ラカイン州シットウェの深海港が、2021年第1四半期(1~3月)にも開港することが分かった。同港の整備を支援するインドの外務省が5日、開港時期についてミャンマー政府と合意したと発表した。

インドの国軍トップ、MM・ナラバン陸軍参謀総長と、ハーシュ・バルダン・シュリングラ外務次官は4~5日にミャンマーを訪問し、アウン・サン・スー・チー国家顧問兼外相やミン・アウン・フライン国軍総司令官と会談。来年第1四半期のシットウェ港の供用開始に向けて準備を進めることで合意した。シットウェ港は、ミャンマーとインド北東部を結ぶ物流経路「カラダン・マルチ輸送路」の一部として、インドが開発を支援してきた。

両国はまた、人材育成や電力、エネルギー、貿易、国防など幅広い分野での関係強化で一致。ラカイン州の農業機械化での協力に合意したほか、ミャンマー北西部チン州の両国国境での橋りょう建設費用として、インドが200万米ドル(約2億1,000万円)を贈与することも決まった。インドがミャンマー産の一部豆類に、21年3月31日を期限として15万トンの輸入枠を設定することも発表された。

インド政府はまた、新型コロナウイルス感染症の治療薬「レムデシビル」3,000瓶をミャンマー政府に引き渡した。インドの連絡事務所が首都ネピドーで開所し、ミャンマーのソー・ハン外務次官が立ち会った。

電子メディアのイラワジによれば、ナラバン氏とシュリングラ氏のミャンマー訪問は、同国で影響力を強めようとしている中国に対抗する狙いがある。中国は巨大経済圏構想「一帯一路」の下で、ラカイン州チャウピュー経済特区(SEZ)で深海港の開発に取り組んでいるが、インドもシットウェ港周辺をSEZとして同州に足場を築こうとしているという。


関連国・地域: ミャンマーインド
関連業種: 運輸政治

その他記事

すべての文頭を開く

民主派の統一政府が発足、国軍統治揺るがす(01:55)

軍トップASEAN首脳会議出席へ、24日で調整(04/17)

ミャンマー正月で恩赦、2万人超釈放(04/17)

正月も、デモや抗議主導者の拘束加速(04/16)

ミャンマー国境輸出、21年は6%減の見通し(04/16)

ポスコ、ミャンマー国軍系と合弁解消へ(04/16)

北部で国軍100人死亡か、武装勢力と衝突激化(04/16)

国軍、シャン州武装勢力2団体との関係強化(04/16)

ワクチン接種、4割自主判断 安全性懸念し「帰国接種」希望も(04/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン