オフィス需要、正常化に3年 コロナ禍で首都の賃料は横ばいに

新型コロナウイルス感染症の影響を受け、タイの首都バンコクにおけるオフィスの新規需要が正常化するのは2023年になるとの見通しを、米系不動産仲介大手CBREタイランドが示した。20年第2四半期(4~6月)のオフィス賃料も10年以降初めて横ばいとなった。一方で今後も新たなオ…

関連国・地域: タイ
関連業種: 建設・不動産マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

学者団体が首相辞職など要求、1100人超署名(18:58)

テイクオフ:まだ暗い朝まだき。15…(10/21)

タイ北西部との国境が閉鎖 25日まで、物流停滞に懸念(10/21)

【ウィズコロナ】一時停滞も通年はプラス予測 クボタ、オンライン販売を強化(10/21)

26~27日に臨時国会開催、デモ対応を議論へ(10/21)

タイ行きの国際定期便、月内に計10社が再開(10/21)

セキュリティー銀、アユタヤ銀との合弁始動(10/21)

首都空港の誘導路補修、コロナで工期短縮(10/21)

物流JWD、冷蔵倉庫建設で新会社設立(10/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン