• 印刷する

テイクオフ:今年も祭りの季節がやっ…

今年も祭りの季節がやってきた。昨年は街のあちこちで消費への熱を感じたが、今年は主にオンライン通販が主戦場となるのだろうか。各電子商取引(EC)サイトで祭事商戦に向けた準備が進んでいるようだ。

インドの布を生業とする人に聞いた話では、日本の伝統柄にはインド由来のものが潜んでいるのだとか。インド原産の「更紗」のような布が、シルクロードの長い長い道のりを経てインドから日本わたり、古くから浸透していると考えるとロマンを感じる。

ヒンズーの神々も、日本の神様として祀られている。金運の神様などと親しまれる弁財天はインドの女神サラスヴァティー。祭りの熱気が最高潮となるディワリ(灯明祭)で祝われる女神ラクシュミは吉祥天、創造の神ブラフマーは梵天という。いまは遠く離れているように感じるインドと日本を結ぶつながりは、思いのほか太い。(榎)


関連国・地域: インド
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:北部グルガオンに本拠を…(10/28)

祭事期のEC取引額3割増へ コロナで弾み、65億ドルの予測(10/28)

11月の封鎖解除、10月の措置を継続(10/28)

米ハーレーの販売、同業ヒーローが引き継ぎ(10/28)

二輪バジャジ、7~9月は減収減益(10/28)

デリー交通公社、保有地開発で建設公社と連携(10/28)

ジェットエア、会社法法廷に再建案を提出(10/28)

エアアジア、20年3Qの乗客数は437万人(10/28)

返済猶予中の複利、11月5日までに返還へ(10/28)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン