• 印刷する

しまむら、中国全店舗閉店へ=コロナ影響

衣料チェーンを展開するしまむら(埼玉県さいたま市)は28日、本年度内をめどに中国で展開する全6店舗を閉店すると発表した。新型コロナウイルスの影響で来店客数が急減し、今後の業績回復は困難と判断した。

連結子会社の飾夢楽(上海)商貿が展開する店舗を9月から11月にかけて順次閉店する。中国国内の店舗は8月20日時点で上海に4店、江蘇省蘇州市に2店を展開していた。

しまむらは2011年に100%出資の連結子会社、飾夢楽(上海)商貿を設立。翌12年に上海市で中国1号店を開業し、一時は14店を展開したが、近年は家賃の高騰や売上高の伸び悩みを受けて不採算店舗の閉店が続いていた。飾夢楽(上海)商貿の20年1~6月の業績は売上高が前年同期比55.9%減の8,600万円、当期純損失は2億8,400万円だった。

しまむらの担当者は「中国では日本と同じ品ぞろえやレイアウトで展開したが、ブランドの浸透に苦労し、予想より売り上げが伸びなかった」と説明。加えて、新型コロナウイルスの感染拡大による外出制限などの影響で、2~3月は出店するショッピングセンターへの客足が途絶え、飾夢楽(上海)商貿の2月度の売上高は前年比9割減となった。しまむらの担当者は「営業を再開後も売り上げは回復しなかった」と語った。

上海子会社は一部の機能を残し、状況を見ながら再出店や電子商取引(EC)などによる展開も検討していくという。

しまむらは海外では中国本土のほか台湾に進出。台湾では20年8月時点で46店を展開している。


関連国・地域: 中国-上海日本
関連業種: 繊維小売り・卸売り

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:近ごろ、広州市内のあち…(10/20)

7割が中国に追加投資せず 工総の企業調査、コロナが打撃(10/20)

1~9月GDPは0.7%増 プラスに転換、3Qは4.9%増(10/20)

中国での資産譲渡に新規制、回帰投資阻害か(10/20)

1~9の固定資産投資、今年初のプラス転換(10/20)

鴻海と和碩、iPhone生産要員確保で奨励金(10/20)

3Qの設備稼働率76.7%、前年水準上回る(10/20)

9月のエネルギー生産、原炭は0.9%減(10/20)

ウエストパック銀、中国などアジアから撤退(10/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン