• 印刷する

機械研と斗山、マシニングセンターを国産化

韓国機械研究院は22日、地場の斗山工作機械と共同でマシニングセンターの国産化に初めて成功したと発表した。マシニングセンターは複雑な切削工程を1台でこなす機械で、これまで全量を日本からの輸入に頼っていた。

両者が開発したマシニングセンターは、一般製品に比べて加工精度は5倍以上、剛性は2倍以上優れている。航空機のエンジン・胴体向けやパワートレーン(駆動装置)向けなど、一般的なマシニングセンターでは難しい部品の切削加工が可能という。

両者は現在、性能の実証作業を行っており、すでに国内企業と販売契約も結んだ。機械研は、3年後には年間100億ウォン(約9億円)の売上高と40%程度の輸入代替を見込んでいる。

韓国機械研究院と斗山工作機械が国産化したマシニングセンター(韓国機械研究院提供)

韓国機械研究院と斗山工作機械が国産化したマシニングセンター(韓国機械研究院提供)


関連国・地域: 韓国
関連業種: その他製造

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:「ソクラテス兄さん、教…(10/21)

中国に続け、武蔵塗料の戦略 工業製品多彩に、韓国系を開拓(10/21)

SKがインテルNAND買収 世界2位浮上、SSD事業を強化(10/21)

新型コロナ感染者数、58人増加(10/21)

医薬部外品マスクの輸出制限、23日に解除へ(10/21)

9月の輸出7.6%増、7カ月ぶりプラス(10/21)

サムスンが初の5位、世界ブランド価値ランク(10/21)

9月のICT輸出12%増、4カ月連続プラス(10/21)

韓国の5G通信速度、半年で大幅に向上(10/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン