• 印刷する

配車ゴジェック、資金調達へブランド統一

ゴジェック・タイランドのピンヤ・カントリー・ゼネラル・マネジャー=16日、タイ・バンコク(NNA撮影)

ゴジェック・タイランドのピンヤ・カントリー・ゼネラル・マネジャー=16日、タイ・バンコク(NNA撮影)

インドネシアの配車サービス大手ゴジェックは16日、「ゲット」ブランドで展開してきたタイ事業を「ゴジェック」に統一したと発表した。

タイを含めた東南アジアにおける事業ブランドを一本化する戦略の一環。8月にはベトナムのブランド名を「ゴーベト」からゴジェックに変更した。17日付バンコクポストによると、タイの電子商取引(EC)事情に詳しいパウート氏は、東南アジアで展開している一連のブランドの統一により投資家がゴジェックの成長を把握しやすくなり、今後の事業拡大に向けた資金調達が容易になると指摘している。

ゴジェック・タイランドは、16日の声明で同日からアプリ「ゴジェック」を通じた料理宅配サービス「ゴーフード」、二輪配車サービス「ゴーライド」、配送サービス「ゴーセンド」、電子決済システム「ゴーペイ」のサービスを始めたと説明。プロモーションとして、ゴーフードで最大2,500バーツ(約8,400円)の割引キャンペーンなどを実施している。

タイは、料理宅配サービスだけでも「グラブフード」や「ラインマン」「フードパンダ」などの競合がひしめく激戦市場。ゴジェック・タイランドのピンヤ・カントリー・ゼネラル・マネジャーは、より低額の料理宅配の新サービス「ゴーフード・ピックアップ」の導入に向けた実証を進めていることを明らかにした。

ピンヤ氏はまた、16日に開いた会見で、NNAに対し「料理宅配や配車をメイン事業に掲げる企業として、排ガスによる大気汚染には配慮している。すでに約300台の電動バイクを導入したほか、工業省との協力の下、電動バイクの普及を促進している」と説明した。


関連国・地域: タイインドネシア
関連業種: 自動車・二輪車金融運輸IT・通信サービス

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:両親ともにタイ人でタイ…(10/27)

臨時国会でデモ対応を議論 若者は独大使館に行進、調査要請(10/27)

対タイ貿易、1~9月は19%減の55億ドル(10/27)

【日本の税務】介護保険について(10/27)

6割が反体制デモの先行きを懸念=世論調査(10/27)

東洋紡、タイでエアバッグ原糸を生産(10/27)

電動バイクのスワグ、3年以内に現地生産へ(10/27)

有料道の自動料金システム、来年6月に導入(10/27)

旅行者受け入れ、コロナの低リスク地域から(10/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン