大熊製薬、新薬開発専門の子会社設立

韓国製薬会社の大熊製薬は15日、新薬開発専門の子会社「アイエヌ・セラピューティクス」を設立したと発表した。分社化を通じて有望な開発パイプライン(新薬候補)の研究開発(R&D)部門の柔軟性を高め、より迅速に成果を出すのが狙いだ。 新子会社は◇大熊製薬の新薬開発プラ…

関連国・地域: 韓国
関連業種: 医療・医薬品


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:「振り逃げ三振」。高麗…(09/21)

コロナ禍でもM&A市場活況 1~8月に1兆円、海外では低調(09/21)

起亜自が小型SUV参入、予約受付を開始(09/21)

新型コロナ感染、38日ぶり100人下回る(09/21)

起亜SUV「ソネット」、初年に10万台販売へ(09/21)

韓国友好橋の工事中断、作業員がコロナ感染(09/21)

警戒「2段階」、首都圏以外も27日まで延長(09/21)

2Q海外直接投資、コロナ禍で27.8%下落(09/21)

全経連会長が菅首相に書簡、経済交流に期待(09/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン