• 印刷する

南部ピーピー島のリゾート、炭素中立を達成

「カーボン・ニュートラル(炭素中立)」の達成が認定された「ピーピーアイランド・ビレッジ・ビーチリゾート」の全景=タイ・クラビ県(同リゾート提供)

「カーボン・ニュートラル(炭素中立)」の達成が認定された「ピーピーアイランド・ビレッジ・ビーチリゾート」の全景=タイ・クラビ県(同リゾート提供)

タイ南部クラビ県のピーピー島にある「ピーピーアイランド・ビレッジ・ビーチリゾート」は15日、排出する二酸化炭素(CO2)を計算上ゼロにする「カーボン・ニュートラル(炭素中立)」を達成したと発表した。タイ温室効果ガス管理機構(TGO)から認定を受けた。

同リゾートは、敷地面積が70エーカー(約28ヘクタール)で、計201棟のタイ式のバンガローやビラがあるほか、長さ800メートルのプライベートビーチがある。

CO2排出量を計算するため、廃棄物の量や燃料・電気の使用量などの情報を提出し、審査を受けた結果、炭素中立と認められた。CO2の排出量を抑える取り組みとして、省エネの照明器具の使用、廃棄物のリサイクル、プラスチック製品の不使用、有機農園の運営などをしている。またマングローブの植樹、サンゴの繁殖、海岸の清掃なども行っている。

海は大気からCO2を吸収し地球温暖化の進行を和らげるとされ、サンゴもCO2を吸収していることから、こうした取り組みが重要だという。同リゾートのチャオ・ゼネラルマネジャーは声明で、「気候変動がわれわれの未来の最大の脅威であり、食い止めることが責務だ」とコメントしている。

ピーピーアイランド・ビレッジ・ビーチリゾートは、タイの不動産開発会社シンハ・エステートのホテル子会社Sホテルズ・アンド・リゾーツが展開。新型コロナウイルスの影響で4~6月は休業していたが、7月に再開した。


関連国・地域: タイ
関連業種: 観光マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:タイ軍事政権の最高機関…(09/21)

学生らが大規模な反政府集会 改憲や王室改革求め、2日間開催(09/21)

【ASEAN戦略】1年で域内顧客数2倍目指す スタディスト、コロナ下の変革(09/21)

改憲など民主化3要望、8割賛成=世論調査(09/21)

新財務相の選出は10月に、首相が見通し(09/21)

帰国者1人が死亡、死者は6月以来(18日)(09/21)

帰国者6人感染、市中はゼロ(20日)(09/21)

タイが入国規制、ミャンマーの貨物トラック(09/21)

三菱電機、東部にEファクトリーのデモ施設(09/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン