• 印刷する

豪の在宅勤務改革、着実も進度はゆっくり

オーストラリアの企業が、在宅勤務の増加やオフィスの縮小などを進める中、一連の改革は急速には進行しない可能性があるようだ。最新の調査では、企業の60%が「職場の合理化は徐々に進む」と回答した。一方米IT大手グーグルは、在宅勤務を支援しながらも、長期的には生産性に悪影響になるとしている。15日付オーストラリアン・ファイナンシャル・レビュー(AFR)が伝えた。

米系不動産管理のジョーンズ・ラング・ラサール(JLL)がオーストラリアを含むアジア太平洋地域の企業を対象に行った調査によると、新型コロナウイルス流行収束後の社会に適応するため、70%の雇用主が遠隔勤務のための技術に投資する計画だと回答した。

オフィスでの座席数は従業員100人当たり82席と、これまでの91席から減少する見通しという。

オーストラリアの企業のうち、職場の合理化が大規模かつ加速的に進むと回答したのは2%にとどまった。

JLLのオーストラリア法人のコーニー最高経営責任者(CEO)は、今後は共同作業向けのメインオフィスとその他自宅などの拠点のハイブリッド型の職場が増えると予想している。

一方、グーグルの不動産投資・開発部門のゴーラン最高執行責任者(COO)は「実際に集まって作業する方がメリットが多く、関係性構築にも良い影響となる。チームと個人の作業のバランスをとることが重要」と述べた。


関連国・地域: オーストラリア
関連業種: 建設・不動産IT・通信マクロ・統計・その他経済雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:オーストラリアで50年…(09/25)

豪、破産法改正で小企業支援 2000社救済で雇用喪失に歯止め(09/25)

〔オセアニアン事件簿〕ウエストパック、資金洗浄で罰金額過去最高(09/25)

VICは規制緩和に慎重、NSWは続々解禁(09/25)

豪企50%、在宅勤務導入でも生産性変わらず(09/25)

豪不動産大手、CEOに職場勤務再開を要請(09/25)

EC企キャッチ、物流施設に自動ロボ導入へ(09/25)

豪服飾大手PAS、地場PEが近く買収か(09/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン