• 印刷する

テイクオフ:「何をして過ごそうか」…

「何をして過ごそうか」。新型コロナウイルスの影響でソーシャルディスタンス(社会的距離)に関する規制が続く中、週末をどう過ごすか頭を悩ませている人は多いのではないだろうか。

登山や離島でのレジャーを楽しんでいる人も多いらしいが、在宅勤務の長期化でなまった身体では不安がある。そこで路線バス1本で行ける香港島・上環エリアを訪ねてみたら、これが大正解だった。骨董(こっとう)品屋台が並ぶ通称キャット・ストリートを歩いたり、各地の香辛料を扱う創業100年以上のスパイス店や乾物店で買い物をしたり。コロナ前は観光客で混雑していた一帯だが、今は客が少ないからか丁寧に接客してもらえたような気もする。

狭い香港ではあるが、3年弱の在住期間で行った場所はほんの一部。海外に出ることができない今だからこそ、旅行者気分で街を歩くのも悪くない。(祐)


関連国・地域: 香港
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

新たに13人の感染確認、累計は5000人超え(09/19)

新たなコロナ感染者3人、累計4996人(10:04)

採用意欲、10年ぶり低水準 米社4Q調査、不透明感映す(09/18)

6~8月の失業率6.1%、前期から横ばい(09/18)

新たに感染者9人を確認、累計は4993人(09/18)

検体採取容器の配布、18日から9カ所追加(09/18)

アントの香港IPO、来週にも上場審査(09/18)

続落、米指数先物の下落受け=香港株式(09/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン