• 印刷する

テイクオフ:インドでは、自国をおも…

インドでは、自国をおもちゃの製造ハブにしようという声が高まっている。モディ首相はこのほど、国民に対するラジオ演説で団結しておもちゃ製造でインドを強い国にしようと訴えた。

インドで販売されているおもちゃのほとんどは中国から輸入されている。中国との緊張が高まる中、動きは加速しているようだ。首都ニューデリーに近いグレーターノイダには巨大な「おもちゃの街」が誕生しようとしている。100エーカーの土地に設置される予定で、地元の州政府は製造拠点として宣伝している。

中央政府は、おもちゃの現地生産を奨励するため、おもちゃの輸入税を引き上げた。インド政府は長年、地元のおもちゃ業界に目を向けず、安価な輸入品が国内に氾濫することを許していたため、この進展は重要だ。当地の人々は輸入を減らすことに対し意識を向け始めている。(虎)


関連国・地域: インド
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

感染4万人、死者1000人に=22日夜(10/23)

東京発の臨時便が可能に JALと印国営、定期便は運休(10/23)

観光以外の入国を許可=内務省(10/23)

日産、新小型SUV「マグナイト」21年投入(10/23)

スズキの西部工場、生産100万台を達成(10/23)

超短期滞在の入国容認へ、72時間の商用目的(10/23)

シュコダ、向こう2年で生産能力20万台に(10/23)

二輪ロイヤルの倉庫で火災、負傷者なし(10/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン