• 印刷する

生保シングライフ、英アビバ現法と合併へ

住友生命保険が出資するシンガポールの新興生命保険会社シングライフ(旧シンガポール・ライフ)は11日、英保険大手アビバの現地法人、アビバ・シンガポールとの合併を発表した。合併後の企業価値は32億Sドル(約2,480億円)となる。規制当局の承認を待っている段階で、来年1月までに手続きを完了させたい考えだ。

合弁会社の名称はアビバ・シングライフ。会長には、シングライフ・グループの現会長、レイ・ファーガソン氏、副会長には同グループのウォルター・デオウデ最高経営責任者(CEO)、シンガポール保険事業のCEOには、アビバ・シンガポールのニシット・マジムダールCEOがそれぞれ就任する。

シングライフが持つオンライン経由での保険販売のノウハウと、アビバが持つ150万人の顧客基盤と投資顧問業務の実績を統合。幅広い保険商品と投資顧問サービスを提供していく方針だ。

新会社の株式のうちアビバが25%、住友生命が20%それぞれ保有する。残る55%の内訳は、米保険大手アフラックのベンチャー・キャピタルであるアフラック・ベンチャーズ、英資産運用大手アバディーン・アセット・マネジメントなどが20%、米投資会社TPGが35%。今回の合併に伴う取引額は、シンガポールの保険業界では最大規模となる。

シングライフは2017年に営業を開始した新興の生命保険会社。クラウド化した基幹サーバーや自動対話システム「チャットボット」などを活用し、迅速な保険加入手続きと、安価な保険商品の提供を強みとしている。

住友生命は、昨年7月にシングライフに9,000万米ドル(約96億円)を出資し、発行済み株式の約25%を取得したと発表。収益基盤を拡充するほか、シングライフが強みとするインシュアテック(ITを活用した保険サービス)のノウハウを日本でも取り入れていきたい考えを示していた。


関連国・地域: シンガポール日本欧州
関連業種: 金融

その他記事

すべての文頭を開く

総人口569万人、17年ぶり減少 外国人が流出、経済への懸念も(09/25)

テイクオフ:新型コロナウイルスの流…(09/25)

電子請求書、法人決済システムと連動へ(09/25)

グーグルペイ、地場2行の決済アプリと連携(09/25)

家計の金融資産、コロナ下で上半期は5%増(09/25)

テックファーム、日本産生鮮食品のサイト開設(09/25)

プルデンシャルとヨマ系病院、医療分野で提携(09/25)

海事港湾庁、電動港内艇を導入へ(09/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン