金融管理局、11.6億HKドルの売り介入実施

香港金融管理局(HKMA)は28日朝、11億6,250万HKドル(約158億円)の香港ドル売り・米ドル買い市場介入を実施した。香港ドル売り介入は3日連続。4月21日以降では37回目となった。香港経済日報(電子版)などが伝えた。 米ニューヨーク外国為替市場で香港ドルの資金需要が膨…

関連国・地域: 香港
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:アジアでトップクラスの…(09/24)

雇用補助金を低所得層に還元 スーパー2社、政府要求に応じ(09/24)

現行のコロナ感染防止対策を延長、政府(09/24)

新たに3人の感染確認、3日連続の1桁(09/24)

高リスク地域見直しを、流入症例増で専門家(09/24)

ヘルスケアフォーラムの開催計画、貿発局(09/24)

小幅反発、ハイテク銘柄が支え=香港株式(09/24)

アント、調達目標350億米ドルに引き上げか(09/24)

モックスバンクが正式開業、ネット銀5行目(09/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン