横ばい、方向感欠く展開=香港株式

26日の香港株式市場は小幅反発したが、ほぼ横ばいだった。ナバロ米大統領補佐官が米中貿易協議の進展を表明したことで、ハンセン指数は開始時に上げたものの、スマートフォン関連銘柄などが下げて重しとなり、方向感に欠ける展開となった。香港経済日報系のニュースサイト、経済通…

関連国・地域: 香港
関連業種: 金融


その他記事

すべての文頭を開く

ディズニー2期用地、白紙に 拡張困難、政府が契約更新せず(09/25)

新たに7人の感染確認、累計5056人(09/25)

反落、米株安に追随=香港株式(09/25)

HSBC中国撤退も、シティがリスクを指摘(09/25)

東亜銀行、保険子会社の売却手続きへ(09/25)

アント、香港上場で175億米ドル調達へ(09/25)

保険の富衛集団、来年にも上場か(09/25)

8月輸出2.3%減、落ち込みわずかに縮小(09/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン