• 印刷する

経済特区、設立から40周年

中国の改革開放初期に外資受け入れ窓口として設立された広東省深セン市、珠海市、汕頭(スワトー)市、福建省厦門(アモイ)市の4カ所の経済特区が、きょう26日に設立40周年を迎える。

4カ所の経済特区は、1980年8月26日に開かれた第5期全国人民代表大会(全人代)常務委員会第15回会議で設立が決定された。

中国共産党インターネット安全情報委員会弁公室は24日、経済特区の40年の発展を振り返り、その情報をネットなどで配信する記念活動を開始すると発表した。配信は今後数カ月にわたり続けられる。24~31日にかけては、専門家や国内メディアが深セン、珠海、汕頭、厦門に加え88年に経済特区となった海南省を訪れ、インタビューなどを行うという。

人民日報(電子版)によると、経済特区の中でも特に発展が目立つ深センでは、域内総生産(GDP)が79年の1億7,900万元(現在のレートで約27億4,500万円)から2019年には2兆6,900億元へと拡大している。


関連国・地域: 中国-全国
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

電気利用手続き簡素化、1300億元の負担軽減(09/18)

中老鉄路の工事進捗、8月末で91%(09/18)

月餅商戦にもコロナ影響 今年の販売1割減の175億元へ(09/18)

中国企業の海外投資、1~8月は2.6%減(09/18)

民営経済は党の周囲に団結を、習総書記(09/18)

トークショーへの監督強化、内容を管理(09/18)

アントの香港IPO、来週にも上場審査(09/18)

米国債保有残高、2カ月連続減少(09/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン