コロナ禍が都市貧困層に打撃 失業率が全国の5倍、ユニセフ

国連児童基金(ユニセフ)と国連人口基金(UNFPA)の調査で、マレーシアの首都クアラルンプール(KL)の貧困層の失業率が5月は25.0%に上昇したことが分かった。同月の全国平均(5.3%)の約5倍の水準。新型コロナウイルス感染症の影響を社会全体より大きく受けた形だ。ユ…

関連国・地域: マレーシア
関連業種: 医療・医薬品マクロ・統計・その他経済雇用・労務社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:あるスイスの高級時計ブ…(09/21)

【ASEAN戦略】1年で域内顧客数2倍目指す スタディスト、コロナ下の変革(09/21)

車販売、3カ月連続前年超え 8月は3.2%増の5万2800台(09/21)

起亜自が小型SUV参入、予約受付を開始(09/21)

RM1=25.3円、$1=4.12RM(18日)(09/21)

日マレーシアの第2次通貨スワップ協定締結(09/21)

従業員積立基金、2Qの投資収益は23%増(09/21)

新型コロナワクチン共同購入、参加へ(09/21)

インソンと住商、FPSO事業でつなぎ融資(09/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン