• 印刷する

年内は外国人観光客受け入れず=調整相

インドネシアのルフット調整相(海事・投資担当)は13日、年内は外国人観光客の受け入れを再開しない方針を明らかにした。新型コロナウイルスの感染防止を優先しつつ、当面は国内観光の促進による経済活性化を目指す。地元各メディアが同日伝えた。

ルフット氏はこの日のウェブセミナーで、まずは国内観光客数をコロナ禍前の7割の水準まで戻すことに注力すると説明した。今年はサウジアラビアへの巡礼便が運航禁止になったこと、シンガポールやマレーシアなどへの医療観光も難しいことなどから、代替需要として国内旅行の増加が見込めるほか、「ワーク・フロム・バリ」など観光地からテレワークする動きにも期待を示した。ただし観光業が完全に回復するには10カ月ほど要するとみている。

一方でバリ州政府はこれまで、9月11日には外国人観光客の受け入れを再開する方針を示している。ブディ運輸相も8月11日のウェブセミナーで、外国人観光客の受け入れに向けて「キャンペーンを実施する」と話していた。

政府は4月2日以降、一時滞在許可証(ITAS)の保有者などを除いて外国人の入国を禁じている。

南カリマンタン州バンジャルマシン市の観光当局は年内は観光客を受け入れない方針を示している(アンタラ通信)

南カリマンタン州バンジャルマシン市の観光当局は年内は観光客を受け入れない方針を示している(アンタラ通信)


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 観光

その他記事

すべての文頭を開く

PSBB再導入、家計支出に打撃=フィッチ(09/25)

ゴジェックの人気上昇、満足度ではグラブ(09/25)

北スラウェシ―成田に貨物便 ガルーダ、農水産品の輸出拡大で(09/25)

首都の行動制限、10月11日まで延長(09/25)

インドネシア死者1万超、東南アジア初(09/25)

トヨタ、全国規模のバーチャル展示会(09/25)

プルデンシャルとヨマ系病院、医療分野で提携(09/25)

ライオン航空、リース料滞納で訴訟に(09/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン