露笑科技、合肥に第3世代半導体の産業団地

電子部品や自動車向け銅線などを生産する露笑科技(浙江省紹興市)は9日、安徽省合肥市政府と同市に炭化ケイ素(SiC)などから作る「第3世代半導体」の産業団地を建設することで提携したと発表した。投資額は100億元(約1,500億円)を見込む。 同産業団地では、SiCの結晶…

関連国・地域: 中国-安徽
関連業種: その他製造建設・不動産IT・通信


その他記事

すべての文頭を開く

アジア新興国の成長率、20年は0.9%=世銀(09/30)

【4000号特集】アジア経済はいずれ回復する 中尾ADB前総裁に聞く(09/30)

テイクオフ:できるだけ個人情報が流…(09/30)

【ラオス経済通信】20年のGDP成長率、マイナス2.5%へ下方修正 第153回(09/30)

日本企業に地方政府が熱視線 博覧会開催、各地にモデル区(09/30)

ワクチン接種、医療従事者を最優先(09/30)

9月の輸出額、18%増の275億ドル(09/30)

コロナ対策「おおむね維持の方向」、林鄭氏(09/30)

交通インフラ投資、1~8月は10.5%増(09/30)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン