• 印刷する

7月末の香港外貨準備高、41億米ドル増

香港金融管理局(HKMA)が7日発表した7月末時点の外貨準備高(速報値)は4,500億米ドル(約47兆6,600億円)と、前月末(4,459億米ドル)から41億米ドル増えた。4カ月連続のプラス。

4,500億米ドルは香港での流通通貨の6倍超に相当。広義の通貨供給量(マネーサプライ)を示すM3(現金、預金、金融機関所有でない譲渡性預金の合計)の香港ドル分の約46%を占める。


関連国・地域: 香港
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:新型コロナウイルスの流…(09/21)

コロナ対策、6措置で強化 香港政府、今冬の第4波に備え(09/21)

新たに23人の感染確認、累計5032人(09/21)

バー営業再開、業界は営業時間延長を要望(09/21)

ASUS、ゲーミングスマホ販売が好調(09/21)

第3波で休園の海洋公園、2カ月ぶり開園(09/21)

反発、中国A株高に追随=香港株式(09/21)

東亜銀に罰金420万HKドル、証券管理に不備(09/21)

4~6月のクレカ利用額24%減、件数は微減(09/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン