• 印刷する

台湾三菱化学、苗栗のEL薬品工場拡張

三菱ケミカルの台湾子会社、台湾三菱化学は、苗栗県頭フン鎮(フン=にんべんに分)で電子工業用高純度薬品(EL薬品)工場の拡張工事を着工した。2021年末の完工を目指す。生産能力は従来から5割拡大する。

投資額は明らかにしていない。台湾三菱化学が生産するEL薬品は、半導体の製造工程でシリコンウエハーの洗浄に使われる。工場の拡張は、半導体産業の需要拡大に応じるためとみられる。

工商時報によると、台湾三菱化学に原料を供給する台湾の化学品メーカー、康普材料科技(コアマックス)傘下の恒誼化工もこのほど、自社の工場拡張と倉庫ビルの新設に着手した。投資額は6億2,000万台湾元(約22億3,000万円)。

両社は合同で起工式を行った。三菱ケミカルによると、恒誼化工と三菱ケミカルグループは長年のパートナー関係にある。

康普材料科技と恒誼化工の董事長を務める何基丞氏によると、恒誼化工は拡張後の工場で発煙硫酸を生産。発煙硫酸の月産能力は、従来の5,000トンから8,000トンに増える。生産した発煙硫酸を台湾三菱化学に供給し、台湾三菱化学はEL薬品を生産する。

何董事長によると、近年台湾内で半導体産業が発展し、EL薬品の需要が予測を上回っていることを踏まえ、双方での工場拡張を決めた。有機複合化学肥料の倉庫も不足していたことから、倉庫ビルの建設に踏み切った。


関連国・地域: 台湾日本
関連業種: 化学IT・通信マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:ちょっとちょっと、あな…(09/21)

丸紅傘下が太陽光で融資獲得 100億元超、台湾の銀行で最高額(09/21)

TSMC、高雄に工場新設の可能性も(09/21)

越航空が東京行きの商業運航、4月以降で初(09/21)

2大ゲーム機が同時発売、台湾企業に期待感(09/21)

ASUS、ゲーミングスマホ販売が好調(09/21)

相互が台湾工場閉鎖、華為の米制裁響く(09/21)

元太、楽天コボと桃園球場に電子看板設置(09/21)

汎徳、台湾最大のポルシェ展示場をオープン(09/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン