• 印刷する

テイクオフ:今月1日から歩道を通行…

今月1日から歩道を通行する際の「行動指針」が導入された。歩行者は左側を歩くことが推奨されているほか、携帯電話の利用も控えるようにとのことだ。これまで、自転車や電動キックスケーターに関する指針は出ていたが、歩行者向けは初めてという。歩道での事故が絶えないことが背景にあるようだ。

歩道での安全を考えれば当然の措置ではあるが、自身は朝の散歩中にスマートフォンをちらほら見る習慣がついており、それもできなくなる。気になってネットで調べてみたが、推奨であっても指針が設けられている都市は世界でも珍しい。何か問題が発生すれば、ほどなく新たな法律ができるのがシンガポールという都市国家だ。

今のところ罰則が科されるとは言及されていないが、用心するに越したことはない。次はどのような珍しい規則や指針が出てくるのだろうか。(樹)


関連国・地域: シンガポール
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

米VC、現地拠点を東南アジア統括に格上げ(09/18)

英国へ渡航時の自主隔離免除、19日から(09/18)

企業トップ景況感、自国経済は比較的楽観視(09/18)

新規感染11人、2日連続10人台(18日)(09/18)

スマート都市ランク、2年連続で世界首位(09/18)

建物管理の技術革新拠点、米社が開設(09/18)

8月輸出、3カ月連続プラス 中国・欧州の都市封鎖解除などで(09/18)

就労ビザ最低月給額、6500Sドルの国も(09/18)

京都機械工具、地場RFIDタグ企業と提携(09/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン