• 印刷する

全日空の成田―ヤンゴン便、9月も運休

全日本空輸(ANA)は4日、成田とミャンマー最大都市ヤンゴンを結ぶ直行便の運休を9月末まで継続すると発表した。

ミャンマーは、新型コロナウイルスの感染拡大を防止する水際対策の一環として、3月末から国際線旅客機の着陸を禁止している。

ANAは現在、ミャンマー人が自国へ帰国するための救援便としてのみ、不定期で成田―ヤンゴン便を運航している。

ミャンマー航空当局は、国際線旅客機の着陸禁止措置の期限を現時点で8月31日までとしているが、9月1日以降に規制が解除されるかどうかは不明だ。

ANAはインドのデリーなど3都市、カンボジアのプノンペンと日本を結ぶ直行便についても、9月末まで運休を続ける。9月1~31日の運休・減便は国際線全体で4,743便。当初の計画では5,356便を運航する予定だった。


関連国・地域: ミャンマー日本
関連業種: 運輸

その他記事

すべての文頭を開く

新規感染404人、過去最多を更新=18日朝(09/18)

マンダレー、トラック運転手は入域前に交代(09/18)

タイが入国規制、ミャンマーの貨物トラック(09/18)

7月インフレ、1.7%に急低下 電力値上げの押し上げ効果消える(09/18)

新規感染259人、死者が57人に増加=17日朝(09/18)

スー・チー氏の健康状態は良好、報道官(09/18)

コロナ基金の追加融資、9月末から実行へ(09/18)

良品計画、ミャンマー産コーヒー豆を発売へ(09/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン