金融管理局、11.6億HKドルの売り介入実施

香港金融管理局(HKMA)は4日午後、11億6,300万HKドル(約160億円)の香港ドル売り・米ドル買い市場介入を実施した。香港ドル売り介入は2営業日ぶり。4月21日以降では33回目となった。香港経済日報(電子版)などが伝えた。 外国為替市場で香港ドルの対米ドル相場が米ドル…

関連国・地域: 香港
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

新たなコロナ感染者3人、累計4996人(09/18)

採用意欲、10年ぶり低水準 米社4Q調査、不透明感映す(09/18)

6~8月の失業率6.1%、前期から横ばい(09/18)

新たに感染者9人を確認、累計は4993人(09/18)

検体採取容器の配布、18日から9カ所追加(09/18)

アントの香港IPO、来週にも上場審査(09/18)

続落、米指数先物の下落受け=香港株式(09/18)

7月の民間住宅着工数、増加も1千戸届かず(09/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン