• 印刷する

車両関税率を引き下げ、コロナ打撃緩和で

ミャンマー政府は1日から、国内で販売される車両の関税率を引き下げた。新型コロナウイルス感染症拡大の打撃が大きい自動車販売業を支援する。

税関局が出した声明によると、8月1日から排気量2000cc未満の輸入車(ただし自家用車に限る)の関税率を従来の30%から20%、2001cc以上については40%から30%に引き下げると発表した。関税率の引き下げで車両販売価格を低下させ、自動車需要を喚起するのが狙いだ。

同省は同時に、セミノックダウン(SKD)方式で国内生産された自動車についても、排気量2000cc未満は現在の10%を0%、2001cc以上については20%を5%にする減税措置を講じる。

措置の適用期間は、2019年度(19年10月~20年9月)。

ミャンマーでは、新型コロナウイルス感染防止策の一環で3月下旬以降、新車登録手続きが停止されたことで新車販売台数が激減。5月11日から登録手続きは再開したが、景気の先行き不透明感から消費者の購買意欲は減退している。

1~5月の国内自動車生産量は4,764台で前年同期比22.3%減少。新車販売台数は7,552台で4.7%増加した。ミャンマーでは新型コロナウイルス流行前、ローンを利用した新車購入が増加傾向にあり、今年1~3月の販売台数は昨年の同時期を3割以上上回るペースで推移していた。


関連国・地域: ミャンマー
関連業種: 自動車・二輪車

その他記事

すべての文頭を開く

20年度以降のミャンマー成長率は鈍化、世銀(09/30)

アジア新興国の成長率、20年は0.9%=世銀(09/30)

【4000号特集】アジア経済はいずれ回復する 中尾ADB前総裁に聞く(09/30)

新たに897人感染、累計で域内4番目=28日夜(09/30)

新型コロナの抗原キット、韓国から一部到着(09/30)

全日空の成田ーヤンゴン便、11月も運休(09/30)

コロナ感染予防規制、10月末まで再延長(09/30)

新規ビザの発給停止、10月末まで再延長(09/30)

保健省、コロナ感染拡大で選挙運動に警鐘(09/30)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン