• 印刷する

テイクオフ:日本では女子中高生など…

日本では女子中高生など10代を中心に利用が定着した、動画投稿アプリ「TikTok(ティックトック)」。運営元である中国企業から中国政府への情報流出の懸念から、米国などで禁止を検討する動きが出ている。

当地では幅広い世代に人気で、中には自ら踊りを投稿するつわもの議員もいる。その一人、ロケ大統領報道官もご機嫌にダンスを披露していた。ぽっこり突き出たおなかを揺らしながら踊る様に、何とも複雑な感情を覚える。ロクシン外相も、アイドルグループのダンス動画を添えて「ティックトックを学ばねば」とツイッターに投稿していた。

各国の規制に反し、ロケ氏は「アプリを禁止する理由は見当たらない」と話す。ドゥテルテ政権は言論の自由を制限しない、とも付け加えた。国内では政権が民放最大手を放送停止に追い込んだとの見方も出ているが、矛盾しないのだろうか。(堀)


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:「上の2人が実の娘で、…(09/30)

アジア新興国の成長率、20年は0.9%=世銀(09/30)

【4000号特集】アジア経済はいずれ回復する 中尾ADB前総裁に聞く(09/30)

外出制限、10月も緩和継続 マニラ首都圏、経済再開探る(09/30)

大統領「辞任を提案した」、汚職に憤り(09/30)

コロナ感染新たに2025人、計30万9303人(09/30)

サービス業の全面再開を、貿産相(09/30)

クラーク空港の接続道路、工事入札を開始(09/30)

比経済回復は来年4~6月期以降、フィッチ(09/30)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン