韓国の富栄、首都センソク区の住宅販売開始

韓国の不動産開発大手、富栄(プヨン)グループは、カンボジアの首都プノンペンの北部センソク区で連棟型住宅(ボレイ)「ボレイ富栄センソク」の販売を開始した。同住宅は2022年内に完成する予定だ。クメール・タイムズ(電子版)が7月30日に伝えた。 富栄は、2007年に設立した…

関連国・地域: 韓国カンボジア
関連業種: 建設・不動産


その他記事

すべての文頭を開く

「ワクチン接種すべきか」、悩む在留邦人(05/13)

加速する発電所建設、190万kWの電力追加(05/13)

米飲食など、3社がカンボジア進出検討(05/13)

タイへの不法入国者、4カ月で5千人超(05/13)

4日間で2000人感染、累計2万人に(05/12)

好調の対ベトナム輸出、1~3月は5倍(05/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン