• 印刷する

テイクオフ:国内観光を盛り上げるべ…

国内観光を盛り上げるべく、週末はせっせと外出している。首都のど真ん中にある植物園のほか、郊外の華人村の巨大な中国寺院、地元の人がピクニックを楽しむ小さなビーチ、ローカル色の強いテーマパーク、閑静な高原リゾートなど。

ガイドブックには載らないようなマイナーな行楽地が多いが、「3C(混雑した場所、狭い場所、近距離での会話)」のリスクが高い場所を避ける人が多いのか、どこも人出が多かった。しかし、マスクを着用している人は少数。そんな中、パハン州ゲンティンハイランドのアウトレットモールだけは様相が違った。屋外ですら行き交う人は皆、マスク姿。客層が違うのか、施設の方針か。

新型コロナウイルス感染症の第3波に備え、今月1日から公共の場でのマスク着用が義務付けられた。せっかく経済が回復軌道に乗っている今、水を差さないよう願う。(旗)


関連国・地域: マレーシア
関連業種: マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

マレーシア国民ら、政府便でインドから帰国(05/12)

テイクオフ:「鼻水出てますね」。最…(05/12)

ソフトバンク、アジア強化へ 同業アクシアタのAI部門と提携(05/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン