水道水の幼虫が社会問題化 届出件数730件、浄水場で繁殖も

韓国各地の水道水から幼虫などが相次ぎ発見されたことを受け、水に対する不安が高まっている。全国で水道水に関する届出件数は20日時点で730件に上った。排水溝から侵入した虫など水道水とは無関係の届けも多いようだが、最も多く幼虫が発見された仁川市では、浄水場での繁殖も指摘…

関連国・地域: 韓国
関連業種: 電力・ガス・水道


その他記事

すべての文頭を開く

新型コロナ感染、2日連続で100人以下(14:03)

19年度タマネギ輸出、10万トン超で過去最高(14:23)

複合ケッペル子会社、韓国の年金基金と提携(15:41)

テイクオフ:「振り逃げ三振」。高麗…(09/21)

コロナ禍でもM&A市場活況 1~8月に1兆円、海外では低調(09/21)

起亜自が小型SUV参入、予約受付を開始(09/21)

新型コロナ感染、38日ぶり100人下回る(09/21)

起亜SUV「ソネット」、初年に10万台販売へ(09/21)

韓国友好橋の工事中断、作業員がコロナ感染(09/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン