• 印刷する

テイクオフ:膨大な費用を投じ、日程…

膨大な費用を投じ、日程を延長して日本の全世帯に配布された通称「アベノマスク」。実家に届いたのは終了間際の6月中旬で、地元では「不要」となったマスクを食事券や菓子と交換できる店舗もあったそうだ。大手紙によれば、返却・寄付されたマスクが約10万枚に上っており、自治体からは使い道に困惑する声も上がっている。

翻って当地で外出・移動制限の開始を前に不足が目立っていたマスクは、購入枚数が限定されているものの現在は薬局で手に入るほか、価格が高騰していた1箱50枚入りも値下がりし、ネットでも販売されている。一方、マスクを購入できない家庭も多いようだ。

「2回洗っても大丈夫」。着用の必要性を訴え、ドゥテルテ大統領は自ら使い捨てマスクの再利用方法について指南していた。日本で行き場をなくした大量のマスク、この際途上国に一斉配布できないだろうか。(堀)


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

首都圏などの外出制限、条件付きで緩和(02:10)

南アジアからの入国禁止延長、31日まで(02:14)

大手企業、環境戦略に軸足 世界と足並み、動き加速も(05/14)

〔セブ通信〕空港、14~15日に国際線停止(05/14)

新型コロナ、新たに6385人感染(05/14)

ロシア製ワクチン、新たに1.5万回分到着(05/14)

JOGMEC、比の石油備蓄構築へ調査(05/14)

今週末から2回目検査、外国人家政婦(05/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン