• 印刷する

サムスン電子、フリーアドレス制導入へ

韓国のサムスン電子は、一部の部署で社員の座席を固定しないフリーアドレス制を試験的に導入した。働き方改革の一環で、社員の満足度が高ければ採用する部署を広げていく考えだ。

韓国国内のBtoB(企業間取引)営業を担当する一部のチームを対象に、9月末まで実施する。サムスン電子は試験導入に向けて◇他の従業員が選んだ業務スペースを尊重する◇同じ座席を長期間使用しない◇会議は事前に約束された時間に行う◇通話は電話ブースで行う――などのルールを定めた。

また、社員が自由な雰囲気の中でコミュニケーションを取れるよう、カフェ・ラウンジ型の休憩スペースも新設した。


関連国・地域: 韓国
関連業種: IT・通信

その他記事

すべての文頭を開く

新型コロナ感染、38日ぶり100人下回る(10:22)

LG化学が電池部門を分社化 EV普及で黒字転換、IPO狙う(09/18)

新型コロナ感染、15日連続で100人台(09/18)

ベトジェット、東京便などの定期運航再開へ(09/18)

韓国の成長率1%減、OECDが下方修正(09/18)

政府歳出の増加速度、韓国はOECDで2位(09/18)

産業技術の海外流出、6年で121件(09/18)

LGの採用試験、オンライン方式に転換(09/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン