• 印刷する

テイクオフ:マレーシアでは、1日当…

マレーシアでは、1日当たりの新型コロナウイルスの新規感染者数が今月1日に1人にまで減ったが、なかなかゼロにならない。保健省は7月半ばまでにゼロにする目標を掲げていたが、達成できなかった。

同省は28日連続でゼロになれば、新型コロナ根絶宣言を出す意向を示している。輸入症例を除く国内感染ゼロは、今月に何日かあるので、8月末までの回復活動制限令中に宣言が出される可能性はまだある。

他国を見ると、緊急事態宣言解除後に新規感染者が再び増えている日本など、どの国も経済活動を止めずに感染拡大を抑えることに腐心している。先月から経済活動をほほ全面的に再開しているマレーシアでも、感染者が増えたり減ったりの状況がしばらく続きそうだ。マスクなどの対策は正直疲れるが、マレーシアでは1日の死者数がこのところゼロが続いていることは励みになる。(谷)


関連国・地域: マレーシア
関連業種: 医療・医薬品マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

ブルネイの出入国税、導入は10月に延期(14:20)

テイクオフ:在宅勤務で仕事場と化し…(08/04)

隣国往来、7日隔離で二の足 マレーシア人は費用負担にも不安(08/04)

RM1=25.0円、$1=4.22RM(3日)(08/04)

パナ、マレーシアの太陽電池工場の売却中止(08/04)

地場新興企業に出資、ギフティ(08/04)

7月の製造業PMI、2カ月連続で50以上(08/04)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン