パワハラ改善遠く、禁止法1年も実効性に疑問

【ソウル共同】韓国で職場でのパワハラを禁じた改正法の施行から1年が過ぎた。ただ市民団体の調査では、回答者の半数近くが施行後も嫌がらせを経験。パワハラを実際に行った上司や同僚への処罰規定がないため実効性が高まっていないとの指摘が多く、法改正を求める声が根強い。 …

関連国・地域: 韓国
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

新型コロナ感染、2日連続で100人下回る(17:12)

【ウィズコロナ】「非対面」で代行ロボ続々 出前やホテルで導入、日韓協業も(09/25)

新型コロナ感染、2日連続で100人超え(09/25)

韓国オーディオ製造、越法人の財務改善へ(09/25)

政府が事業転換支援、サムスンDも対象に(09/25)

コンケンの軽量軌道鉄道、韓国が開発を支援(09/25)

KTとタイ地場、データセンター事業で提携(09/25)

韓国CSベアリング、越生産を増強(09/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン