• 印刷する

テイクオフ:また映画館の再開が延期…

また映画館の再開が延期された。新型コロナウイルス感染症の陽性者数が一向に減らない首都ジャカルタで、大規模な社会的制限(PSBB)の延長が決まったためだ。

一方で、有料動画配信サービスの需要は増加。国内通信最大手も米大手の配信を始めるという。ただ、個人的に映画はまず劇場、せめてレンタルビデオで見たいという思いがある。昭和生まれのノスタルジアかもしれないが、映画は巨大なスクリーンで見てこそ価値がある。

ただ、映画館再開のめどが立たないのは欧米でも同様。映画配給会社は多くの新作の公開時期を今年後半、さらには来年以降へと延期している。従って、仮に再開できたとしても新作映画はしばらくお預けだったはず。確かに収束には程遠い今の状況では、鑑賞中にくしゃみでもしようものなら二重にひんしゅく。お楽しみはまだまだ先だ。(角)


関連国・地域: インドネシア
関連業種: メディア・娯楽マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

電源開発計画、新型コロナで7事業が遅延(14:54)

バタム石油備蓄施設の早期実現、政府が要請(12:32)

テイクオフ:首都ジャカルタを走るK…(08/04)

7月のCPI上昇率は1.54% 5カ月連続で減速、食品が主要因(08/04)

公共交通乗客が回復、6月は前月比2桁増(08/04)

トヨタが6モデルをリコール、燃料ポンプで(08/04)

首都の公共バス、車両155台を追加導入(08/04)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン