パンロン会議は決行、総選挙の布石に

ミャンマー政府は、政府と少数民族武装勢力が和平前進を話し合う「21世紀パンロン会議」の第4回目の会合について、8月12~14日の開催に向けた準備が8割程度整ったと明らかにした。11月の総選挙に向けた布石にしたい考えだ。ミャンマー・タイムズ(電子版)が伝えた。 パンロン…

関連国・地域: ミャンマー
関連業種: 政治


その他記事

すべての文頭を開く

新たに帰国で感染2人、累計353人=30日朝(07/31)

コロナ規制、一部緩和で8月15日まで延長(07/31)

東西回廊で新たな特区開発 政府が構想、日本の協力期待か(07/30)

港湾局、税関幹部が軍系企業役員を辞職(07/30)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン