豪6月失業率7.4%に悪化、98年以降最悪

豪政府統計局(ABS)が16日に発表したオーストラリアの6月の失業率(季節調整値)は7.4%と、前月から0.3ポイント悪化し、98年11月以降で最悪となった。就業者数は21万800人増加したが、新型コロナウイルスに関連した規制が緩和されたことにより、多くの人が求職活動し始めたこ…

関連国・地域: オーストラリア
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:「鎖国」で新型コロナウ…(05/12)

雇用重視型で経済復興を加速 大型所得減税も=新年度予算案(05/12)

<予算案>海外企業招致で税制・規制を緩和(05/12)

<予算案>学生ビザの労働時間延長で業界支援(05/12)

豪世帯、40%以上が住宅ローンで家計圧迫(05/12)

在宅勤務の税控除、昨年度に利用者100万人増(05/12)

豪野村、NZ投資企ジャーデンと戦略提携(05/12)

APAとウッドサイド、WA水素計画を断念(05/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン