• 印刷する

6月の自動車販売、3カ月ぶりに1万台超

インドネシア自動車製造業者協会(ガイキンド)によると、6月の新車販売台数(ディーラーへの出荷台数、確定値)は1万2,623台だった。わずか3,551台だった5月の3.6倍に増え、3カ月ぶりに1万台を超えた。トヨタ、ダイハツなどが6月初旬から国内生産を再開している。

ガイキンドのヨンキー副会長によると、首位のトヨタは前月の695台から3,705台に増えた。5月下旬に生産を再開したスズキは2,755台と、単月で2位となった。ダイハツは5月が0台だったが、6月は331台を販売した。

6月の小売り販売台数は前月比75%増の2万9,882台だった。30ブランド中25ブランドが前月から増加した。トヨタは1万1,196台で、3カ月ぶりに1万台を超えた。


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 自動車・二輪車マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

首都の企業31社を一時閉鎖 PSBB移行期、従業員感染など(08/07)

財務相、法人予納税の減額率を50%に拡大へ(08/07)

国内でビザ失効、今月20日までの出国義務化(08/07)

イオンBSD店が臨時休業、社員2人が陽性(08/07)

トヨタがカローラSUV発売、HVタイプも(08/07)

配車ゴジェック、新アプリのサービス開始(08/07)

コンサル企業、年末までに半数以上が廃業も(08/07)

リッポー・カラワチ、上半期は3%減収(08/07)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン