• 印刷する

豪6月企業景況感、改善も完全回復は長期戦

ナショナル・オーストラリア銀行(NAB)は14日、オーストラリアの6月の企業景況感(business conditions)指数が、前月から17ポイント上昇のマイナス7だったと発表した。企業信頼感(business confidence)指数は、前月(修正値)から21ポイント上昇し、1となった。信頼感は過去3カ月間の歴史的な低水準から回復しプラスに転じた。ただ新型コロナウイルスの感染流行の第2波により、流行前の水準までに回復するのはまだ先との見方が強まっている。

NABは非農業部門の約540社を対象として、6月24日~30日に調査を実施した。同指数は、ゼロポイントを超えた場合は「楽観」が「悲観」を上回っており、ゼロポイント未満は「悲観」が「楽観」を上回っていることを示す。景況感指数は現在の景況に対する満足度を示し、信頼感指数は向こう3カ月間の短期景況見通しを示している。

主要指数は、雇用が前月比20ポイント上昇のマイナス11となったほか、◆新規受注:20ポイント上昇のマイナス9◆売上高:12ポイント上昇のマイナス7◆利益:11ポイント上昇のマイナス8◆輸出:4ポイント上昇のマイナス5◆在庫:3ポイント上昇のマイナス6――と全項目が上昇した。

州別の景況感(トレンド値)は、タスマニア州が4ポイント上昇のマイナス14で最も高かった一方、南オーストラリア(SA)州が1ポイント上昇のマイナス33ポイントと最も低かった。信頼感は、ニューサウスウェールズ州がマイナス16ポイントで最も高かった一方、SA州がマイナス27と最低だった。

産業別の景況感は全業界でマイナスだったが、資源や小売、運輸・公益などがそれぞれ9~18ポイント上昇した。信頼感も前月に引き続きすべてマイナスだったが、全業界で上昇した。

NABのチーフエコノミストのオスター氏は、先月に引き続き各項目で上昇したものの、依然として平均水準を大幅に下回っており、メルボルン全域でのロックダウン(都市封鎖)や新型コロナ流行の第2波で、再び景況感・信頼感が下落する可能性もあるとした。


関連国・地域: オーストラリア
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:旅行好きのオージーの友…(08/14)

豪7月失業率、7.5%に悪化 失業者数、初の百万人突破(08/14)

VIC感染者数が縮小の兆し、一時金増額も(08/14)

豪の優良企業が続々赤字に転落、コロナ直撃(08/14)

メルボで再開発、大和ハウス子会社が管理(08/14)

セントラル駅ツインタワー、設計事務所決定(08/14)

オフィス空室率9.2%に上昇、郊外移転加速か(08/14)

豪連邦政府の改革実施、過去36年で最低水準(08/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン