• 印刷する

テイクオフ:総合病院で2科続けて受…

総合病院で2科続けて受診した際、どちらの医師も外国人の患者を前に緊張をやわらげようとしてか、日本の女優の名前を口にした。彼らが挙げたのはマツシマナナコとフカダキョウコ。学生だった1990年代に彼女たちが出演するドラマをマレーシアでよく観たという。

日本では目下、コロナ禍でドラマ撮影が困難になり、放送枠を穴埋めする形でナナコ主演の作品が再放送されている。スマホがない時代のすれ違いが男女のドラマを生み、温故知新ともいえる現象にまで、云々。

診察をそっちのけでドラマ談義に花を咲かせていると、ナナコファンの医師は変化球を投げてきた。「やっぱりドラえもんが最高だ」。差し出された名刺にはキャラクターが印刷されているほどの入れ込みようで、「夢があふれている」と目が輝く。共有する懐かしみが思わぬ展開で純心な幼少期にまで広がった。(丑)


関連国・地域: マレーシア
関連業種: メディア・娯楽社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:クアラルンプールは最近…(08/13)

コロナでゴム手袋各社が増産 医療向け特需、新規の参入相次ぐ(08/13)

地場企業が米でコロナ予防ワクチン治験へ(08/13)

RM1=25.5円、$1=4.19RM(12日)(08/13)

英業達、3Qは前年同期比2桁増収へ(08/13)

入国規制の緩和政策、国から地域に対象限定(08/13)

融資返済猶予、先月末時点で666億リンギ適用(08/13)

クレジットカード申請件数、6月に回復(08/13)

7月の空港利用者数、前月比3倍の131万人(08/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン