• 印刷する

テイクオフ:ジャカルタで大規模な社…

ジャカルタで大規模な社会的制限(PSBB)が緩和されて1カ月強が過ぎたが、違反者に罰金・罰則を適用する様子を写した報道写真はまだよく目にする。しかしこの写真に違和感を覚えることも少なくない。

バイクの運転手が警察にマスクの未着用をとがめられているが、マスクどころかヘルメットも未着用、という写真がままある。3人乗りだったりサンダル履きだったりと、PSBB違反以前に取り締まるべきことが多いはずだが、そこは見逃しているのだろうか。

PSBB下でバイクに乗る際は手袋の着用も義務付けられた。当初は使い捨てのゴム手袋を着ける人もいたが、今はバイク用グローブぐらいしか見なくなった。「誰も順守してないなら着けなくてもいいか」という考えもよぎるが、いつどこで摘発されるかわからない。心配なのでバイクに乗る際は手袋が外せない。(幸)


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

デジタル課税、徴収対象に10社追加(08/07)

統一データポータル構想、標準化など課題(08/07)

首都の企業31社を一時閉鎖 PSBB移行期、従業員感染など(08/07)

財務相、法人予納税の減額率を50%に拡大へ(08/07)

国内でビザ失効、今月20日までの出国義務化(08/07)

イオンBSD店が臨時休業、社員2人が陽性(08/07)

配車ゴジェック、新アプリのサービス開始(08/07)

トヨタがカローラSUV発売、HVタイプも(08/07)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン