• 印刷する

三菱UFJ、豪NZで経済・為替展望セミナー

三菱UFJ銀行(MUFG)は8日と10日に、「新型コロナウイルス感染症(COVID19)後の経済・為替相場の展望」をテーマに、オーストラリアとニュージーランド(NZ)のそれぞれの部門に分けた初のオンラインセミナーを開催した。【NNA豪州編集部】

同行の経営企画部経済調査室のシニアエコノミスト、土屋祐真氏は、新型コロナウイルス感染症拡大におけるオーストラリアでの民需と外需への影響について説明。給与補助金など公的支出によるサポート状況や、感染流行収束後の国際協調の必要性などに触れた。

同行のアジア金融市場部のシニアアナリスト、井野鉄兵氏は、豪ドルのこれまでの乱高下や今後の見通しについて、対米ドル、対NZドル相場の観点から説明を行った。

またNZについては、政府による早期の感染抑制や経済活動の再開が、金融市場での評価を後押ししているとの見方を示した一方で、国民や企業のマインドは大きくは改善していないのが現状だとしている。

参加者からは、「不動産市場の現状と今後の見通し」や「豪中関係などの政治リスク」などについての質問が上がった。

セミナーには、日系企業の関係者ら約200人が参加した。


関連国・地域: オーストラリアニュージーランド日本
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:旅行好きのオージーの友…(08/14)

豪7月失業率、7.5%に悪化 失業者数、初の百万人突破(08/14)

VIC感染者数が縮小の兆し、一時金増額も(08/14)

豪の優良企業が続々赤字に転落、コロナ直撃(08/14)

メルボで再開発、大和ハウス子会社が管理(08/14)

セントラル駅ツインタワー、設計事務所決定(08/14)

オフィス空室率9.2%に上昇、郊外移転加速か(08/14)

豪連邦政府の改革実施、過去36年で最低水準(08/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン