• 印刷する

製造業立地評価、マレーシアはコストで4位

米不動産コンサルティング会社クッシュマン・アンド・ウェイクフィールド(C&W)がこのほど発表した、2020年版「製造業リスクインデックス(MRI)」リポートで、マレーシアはコスト面で世界4位の評価となった。前年の3位から1ランク後退した。

MRIは、主要48カ国を対象に、製造業が工場の拡大や移転を検討する際に考慮する要因を評価し、製造業に最も適した立地先をランク付け。コスト・ランキングは、人件費を含む事業コストが低い国が高得点となる。

コスト・ランキングの首位は中国で、ベトナム、インドが続いた。5位はインドネシアだった。ベトナムは前年の4位から、インドは6位からそれぞれ順位を上げた。中国とインドネシアは横ばいで、上位5カ国のうち順位を下げたのはマレーシアだけだった。

新型コロナウイルス感染症の影響を考慮しない総合ランキングは、中国が前年に続き1位。2位米国、3位インド、4位チェコ、5位カナダとなった。中国と米国はともに、大規模な消費市場、十分な労働力供給、進出企業への優遇策やインフラ網の整備が評価された。

地政学的リスクの上昇を考慮しつつ、経済的・政治的リスクが低い国を順位付けしたリスク・ランキングには、上位5カ国にアジアからはシンガポール(3位)、中国(5位)がランクインした。

コロナ禍からの製造業の再開能力については、中国、タイ、韓国、オーストラリア、日本を含むアジア太平洋地域の国々が、回復の早さで上位25%に入ると評価された。


関連国・地域: マレーシア
関連業種: その他製造マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

2QのGDPは17.1%減、11年ぶりマイナス(08/15)

ワクチンで中国3社と協議 東南アの製造ハブ構想も、保健省(08/14)

RM1=25.5円、$1=4.19RM(13日)(08/14)

「しゃぶ葉」1号店オープン(08/14)

不動産ティティジャヤ、医療関連事業参入へ(08/14)

当局への報告なき解雇が増加、法的措置も(08/14)

2Qの労働需要、前期比2.1%減の838.3万人(08/14)

コロナ対策2法案提出、契約不履行免責など(08/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン