• 印刷する

韓国政府、新興企業の支援センター開所

シンガポール企業庁は8日、韓国の中小ベンチャー企業省がシンガポールにKスタートアップセンター(KSC)を正式に開所したと発表した。韓国の中小企業や新興企業がシンガポールを拠点に東南アジアで事業を展開するのを支援する。韓国が域内でKSCを設立するのは初となる。

KSCでは、韓国の中小企業や新興企業を東南アジアの新興企業、投資家に引き合わせる機会を提供。現地の市場動向の説明や商品・サービスの商用化に向けた助言も行う。韓国企業が域内のスタートアップ企業と連携しながらビジネスのエコシステム(生態系)を構築できるよう後押しする。

企業庁は、中小ベンチャー企業省傘下の創業振興院(KISED)と連携し、韓国企業がKSCを活用してシンガポール企業と事業提携することを支援する。連携の一環として、今年10月には韓国企業6社をシンガポールに招き、8週間にわたるインキュベーション(起業支援)プログラムに参加してもらう。

プログラムは、シンガポール国立大学(NUS)起業支援部門NUSエンタープライズが主催。フィンテック(ITを活用した金融サービス)やサイバーセキュリティーに関する研修を実施する。

中小ベンチャー企業省は、スウェーデンとフィンランドにもKSCを開設している。KISEDには、276社から海外インキュベーション・プログラムへの参加申請が寄せられており、全体の3分の1はシンガポールでの受講を希望している。


関連国・地域: 韓国シンガポール
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

ECソフトのアンチャント、13億円調達(08/15)

防衛STエンジ、1~6月期は4%減益(08/15)

新規感染81人、計5万5661人(15日)(08/15)

新規感染83人、市中感染はゼロに(14日)(08/15)

日本との往来制限、9月に緩和 両外相が2つの枠組みに合意(08/14)

金融技術革新に2.5億Sドル拠出=当局(08/14)

DBS銀、建設業向け自動決済システム導入(08/14)

港湾アダニ、シンガポール新会社を設立(08/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン