武田が大衆薬の売却検討、4千億円規模

【共同】武田薬品工業が、ビタミン剤「アリナミン」や風邪薬「ベンザ」シリーズなどを販売する一般用医薬品(大衆薬)子会社、武田コンシューマーヘルスケア(東京)の売却を検討していることが6日、分かった。売却額は4,000億円規模になる見込みで、武田は収益性の高い医療用医薬…

関連国・地域: 日本
関連業種: 医療・医薬品


その他記事

すべての文頭を開く

日本空調サービス、現地子会社を解散(16:14)

【アジアインタビュー】日立、中国の昇降機事業を深化 保全サービス注力、工場を一層活用(17:51)

【コロナを超えて】イオン、スーパー部門は伸び 課題やニーズを捉え、消費喚起へ(08/13)

キリン合弁、上期は減収減益 コロナ禍で下期も挽回難しく(08/13)

茂木外相、24日にネピドーで政府要人と会談(08/13)

【アジア・ユニークビジネス列伝】「コロナで爪切り大ヒット」 「変わり種のマイクロ保険」(08/13)

東芝、家電事業を再始動 21年に新工場で生産開始予定(08/13)

政府、日韓への出稼ぎ労働者派遣再開を許可(08/13)

【わたしの在宅ライフ】韓国女性(31)の過ごし方 ネット通販を使いこなす(08/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン