台北に鉄道博物館、日本統治時代の遺跡修復

【台北共同】台湾・台北市で日本統治時代に鉄道部(鉄道省)として使用された建物の修復が完成し、鉄道の発展史などを紹介する「国立台湾博物館鉄道部園区」として生まれ変わった。開館式が6日、同市で開かれ、蔡英文総統は「歴史的遺跡の再利用だ。台湾には豊富な文化資産がある…

関連国・地域: 台湾
関連業種: 社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:「週末は月末までほぼ埋…(08/13)

鴻海、3Qは2桁減収へ コロナからの完全回復はまだ(08/13)

鴻海系FII、2Q純益が2割増(08/13)

TSMC、40億米ドル上限の社債発行へ(08/13)

英業達、3Qは前年同期比2桁増収へ(08/13)

台湾IC生産額、今年3兆元超へ=TSIA(08/13)

モジラが台北事務所閉鎖へ、コスト削減で(08/13)

永冠能源が内外に新工場、風力発電向け強化(08/13)

BASF、彰化に靴材料の開発施設を開設(08/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン