• 印刷する

テイクオフ:世の中が元に戻ったよう…

世の中が元に戻ったようだ、と以前本欄で書いたが、一方で外に出ると新型コロナウイルスがもたらした傷跡も目にする。とりわけ飲食系でその傾向が強い。

近所の商業施設では、地下の飲食コーナーにあった店がいくつか消えた。気になりながら一度も入らなかったケバブサンド店も行方知れずだ。散歩時に見つけた、年初にオープンしたばかりの和食店はランチがおいしかったが、先日久しぶりに訪れると、ビルの警備員が「クローズ」とひと言。4月に首都ジャカルタが大規模な社会的制限(PSBB)の対象となって以来、閉まっているらしい。

別の商業施設では当地では珍しい豚肉料理の店が登場していたが、まだ客足は伸びていないようだ。そろそろ自炊にも疲れてきた。コロナと腹回りに気を付けつつ、またひいきの店を見つけて少しでも経済を回すことに貢献したい。(角)


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:8月に入り、街が紅白カ…(08/06)

4~6月GDP、5.32%減 コロナ影響顕在化、回復遠く(08/06)

王子HD、9カ所目の段ボール工場を建設(08/06)

首都の渋滞で年間65兆ルピアの損失、運輸相(08/06)

運輸省、航空旅客への検査義務付け見直しか(08/06)

AP2、7月の搭乗者数が前月の2倍に回復(08/06)

ANAの成田4便と羽田運休、9月も継続(08/06)

新型コロナワクチン、国営製薬が量産体制へ(08/06)

上期の石油ガス投資額、当初通年目標の39%(08/06)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン