• 印刷する

〔トラム〕香港島住宅ビルでハクビシン出没

香港島西部の堅尼地城(ケネディタウン)の住宅ビルに5日深夜、野生のハクビシンが迷い込んだ。発見したガードマンが警察に通報し、香港政府漁農自然護理署(漁護署)の職員が捕獲した。

体長約45センチメートルの成獣で、玄関ホールのカーペットで休んでいたという。漁護署の職員らが金属プレートなどで玄関ホールをふさぎ、捕まえた。

ハクビシンはジャコウネコ科の小動物で、2003年に重症急性呼吸器症候群(SARS)が流行した際には体内からウイルスが検出され、感染源の一つと指摘された。新型コロナウイルスの感染が続く中で町中に出没したことに、一部の住民に不安が広がったという。

世界自然保護基金(WWF)香港支部のデービッド・オルソン支部長は、「香港の都市部でハクビシンを見かけても心配する必要はない」とした上で、触れたりせず速やかに専門機関に通報するよう呼び掛けた。

漁護署によると、3カ月前にも香港島・上環の病院に隠れていたハクビシンを捕獲した。野生動物関連条例で保護されているため、一般人の捕獲や所持、販売などは禁止されており、違反した場合は罰金や禁錮刑が科される。6日付スタンダードなどが伝えた。


関連国・地域: 香港
関連業種: マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:なし崩し的に開催が既定…(06/22)

【日本の税務】海外赴任時の「納税管理人の届出書」(06/22)

抗体検査で隔離期間を短縮 7日間に、非居民の入境も解禁(06/22)

域内感染14日連続ゼロ、累計は1万1889人(06/22)

3日ぶり反落、日米株安に追随=香港株式(06/22)

今年上期のGEM新規上場、12年ぶり低水準(06/22)

理財通、香港の銀行が競って本土提携先探し(06/22)

週末住宅取引、新築は約4割減の284戸(06/22)

韓国食品専門店、3年以内に48店オープン(06/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン