• 印刷する

テイクオフ:新型コロナ対策の社会的…

新型コロナ対策の社会的制限が緩和され、これまで一時休業していた商業施設がようやく営業を再開した。商業施設内の飲食店や衣料品店も、多くがセールを行ったり、プロモーション価格を提供したりして、なんとか客足を取り戻そうと頑張っている。

ジャカルタ南部のショッピングモールで営業している、台湾系ブランドのタピオカ飲料店もその一つ。コロナの前はいつ行っても客が長蛇の列をつくっていたが、社会的制限で持ち帰り販売に限定された時期は閑古鳥が鳴いていた。普段なら並ぶのが嫌で購入しなかったが、再開後には2つ買えば3つくれるプロモ実施中と聞いて、ここぞとばかりに飛びついた。

こうした営業戦略で、もちろん彼らの売り上げが回復してほしい。でも割引価格につられて再びあの長蛇の列ができれば、今度は人混みのリスクも心配になってくる。(ア)


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

ジャカルタの活動制限、27日まで再延長(08/14)

韓国企業、バタン工業団地に工場設置を検討(08/14)

バイトダンス、アプリで反中記事を削除(08/14)

全国の港湾開発費は470億ドル=海運局(08/14)

医師会が病床不足に警鐘 患者受け入れ拒否の病院も(08/14)

上半期のパーム油輸出額は6.4%増(08/14)

タックスアローワンスの申請、オンライン化(08/14)

年内は外国人観光客受け入れず=調整相(08/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン