• 印刷する

テイクオフ:先の連休に浙江省杭州市…

先の連休に浙江省杭州市を訪れたときのこと。土産物街の出店を見ていると、珍しい形の陶器の花瓶を見つけた。値段も手頃だが、サイズが小さすぎる。少し悩んで店を後にした。

すると数メートル先に、先ほどの花瓶と同じような陶器を扱う路面店が。老舗商業企業の商標である「老字号」を掲げ、日本人観光客もよく立ち寄るのか、日本語のチラシも置いてある。さてはさっきの出店、この店の商品を模倣したな。「正規店舗」でもセール商品であれば出店とほぼ変わらない値段だったので、喜んで買って帰った。

ホテルに戻ると、先ほど手に入れた花瓶と同じようなデザインの湯飲みが置いてあることに気がついた。ホテルで扱われるほど有名なものだったのかと湯飲みを手に取ると、底には別のブランド名の刻印。果たしてどれが本家本元なのか。いまだに答えが見つからない。(佳)


関連国・地域: 中国-全国
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

バイトダンス、アプリで反中記事を削除(08/14)

工作機械輸出、7月は4割減 不振の流れ変わらず、通年半減か(08/14)

ワクチンで中国3社と協議 東南アの製造ハブ構想も、保健省(08/14)

テイクオフ:「もう産まれる」。2年…(08/14)

中国、マカオ観光を解禁 9月にも全土から、業界に期待(08/14)

【コロナ後の新常態】オンライン教育に脚光 コロナで需要拡大、日中協業も(08/14)

鴻海、中国の生産比率70%に引き下げ(08/14)

CP、商用車マクサス販売をフォトンに統合(08/14)

米が中国製使用で取引禁止、華為など5社(08/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン