6月の卸売物価指数、前年同月比0.83%上昇

インドネシア中央統計局が1日に発表した、6月の国内取引の卸売物価指数(WPI、石油・ガスを除く、2018年=100)は103.54で、前年同月比0.83%上昇だった。前月の上昇幅0.86%からやや鈍化した。前月比は0.16%上昇した。 国内取引を構成する三つの産業のうち、農産物は前年同…

関連国・地域: インドネシア
関連業種: 小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

国営電力、企業向け最低料金制を年内撤廃(17:50)

電源開発計画、新型コロナで7事業が遅延(14:54)

バタム石油備蓄施設の早期実現、政府が要請(12:32)

テイクオフ:首都ジャカルタを走るK…(08/04)

7月のCPI上昇率は1.54% 5カ月連続で減速、食品が主要因(08/04)

公共交通乗客が回復、6月は前月比2桁増(08/04)

トヨタが6モデルをリコール、燃料ポンプで(08/04)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン